このページの本文へ

OPPO Digital初の次世代4K対応ブルーレイディスクプレーヤー

OPPO、Ultra HD Blu-ray対応プレーヤーなどを今冬発売

2016年11月16日 15時43分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
UDP-203

 OPPO Digital Japanは11月16日、4K対応の次世代ブルーレイディスク規格Ultra HD Blu-rayプレーヤー「UDP-203」およびネットワークプレーヤー「Sonica DAC」を発表した。今冬発売予定。

 UDP-203はUltra HD Blu-ray規格の4K映像ソースの再生が可能なほか、最大1000~1万nitのハイ・ダイナミックレンジ技術「HDR10」、映像ビット信号は10bitに拡張されており従来比2倍の広色域規格「BT.2020」に対応。

Sonica DAC

 Sonica DACはネットワークオーディオ機能を搭載するDAC製品。USB入力による各種PCMフォーマットやDSDフォーマットの再生が可能なほか、同軸デジタルや光デジタル入力を搭載。USBメモリーのハイレゾ音源の再生に対応するほか、ネットワーク経由でNAS上のハイレゾ音源を再生することも可能。

 いずれも詳細仕様などは随時製品ページで公開するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン