このページの本文へ

超コンパクトPCの自作に

ASUS、Mini-STX対応のH110マザーボード「H110S1」

2016年11月11日 13時46分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

H110S1

 ASUSTeK Computerは11月11日、チップセットにインテルH110を搭載するMini-STXサイズのマザーボード「H110S1」を発売した。

 CPUは第6世代Core i7/i5/i3、Pentium、CeleronシリーズでソケットはLGA1151、メモリーはDDR4-2133 SO-DIMMソケット×2(最大32GB)、ストレージはM.2×1、SATA 6Gb/s×2に対応。ディスプレー出力はDisplayPort×1/HDMI×1/LVDS×1、USBはUSB 3.0 Type-C×1/USB 3.0×2/USB 2.0×1、1000BASE-T×1を装備する。

基板上面(左)、フロントおよびサイド(右) 

 同社オリジナルのデジタル電源回路による高負荷でも安定した電源供給、過電流保護回路、ファンコントロール機能やUEFI BIOSによるBIOS更新機能などを搭載。Mini-STXでボードサイズは147×140mm。予想実売価格は1万1500円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中