このページの本文へ

2880×2880ピクセル解像度/最大30fpsの360度4K撮影が可能

「360fly」 - ビリヤードボール大の360度VRアクションカメラ

2016年11月10日 12時00分更新

文● ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フロンティアファクトリーは、360度撮影が可能な球形アクションカメラ「360fly」シリーズ2製品を発表した。ラインナップは「360fly 4K」「360fly HD」の2製品。360fly 4Kは、2880×2880ピクセル解像度/最大30fps/50Mbpsの360度4K撮影が可能。360fly HDは、1504×1504ピクセル解像度/最大29.97fps/20Mbpsの360度HD撮影に対応している。価格は、360fly 4Kが5万9400円、360fly HDが3万7800円(それぞれ税込)。発売は2016年12月9日予定。12月1日より、フロンティアファクトリー直販サイトおよび家電量販店で予約受付を開始する。

「360fly 4K」「360fly HD」

 360flyシリーズは、カーネギーメロン大学ロボット研究所で誕生、ロボット開発用のテクノロジーを転用することで米360flyにより開発・米国販売されているもの。H360度およびV240度の視野角を備える超ワイドアングルレンズひとつを備えるほか、バッテリー、メモリー、各種センサーを球形のボディーに内蔵している。防水、防塵、耐衝撃、耐低温性能も特徴だ。また、本体底面に1/4-20UNC規格(メス)対応のアクセサリー取り付け穴を搭載し、日本国内で流通している一般的なカメラ/ビデオ用の三脚や撮影用アクセサリーにマウントできる。

本体底面に1/4-20UNC規格(メス)対応のアクセサリー取り付け穴を搭載。クレードルを使った充電も可能
各種アクセサリーも用意
アクセサリーのラインナップおよび価格。税込みおよび税別価格が混在しているが、すべて税別が正しいとのこと

 また、Android/iOS用の専用アプリ「360fly」(無償)を利用することで、リモート操作、ライブ撮影、撮影した映像への効果・音声トラックの追加といった編集が可能。YouTube、FacebookなどのSNSに360度映像として直接投稿も行なえるほか、撮影映像をワンタップでVR用データに変換可能で、一般的なVRヘッドセットを使って視聴できる。パソコンでの映像編集や管理には、Windows、Mac用ソフト「360fly Director」(無償)が用意されている。

Android/iOS用の専用アプリ「360fly」(無償)を利用することで、リモート操作、ライブ撮影、撮影した映像への効果・音声トラックの追加といった編集が可能。発表会では、実機を使ったデモも行なわれた
YouTube、FacebookなどのSNSに360度映像として直接投稿も行なえる

「360fly 4K」

 

 360fly 4Kは、16Mピクセル画像センサーにより、2880×2880ピクセル解像度/最大30fps/50Mbpsの360度4K撮影が可能。16:9の主観(POV)映像、静止画撮影、タイムプラス、バースト撮影、モーション/トリガー録画が行なえる。内蔵メモリーは64GB。バッテリー駆動時間は90分。最大120分、連続45分間の撮影が可能としている。

 このほか、10mの防水、防塵(IP6X)、耐衝撃(高さ1.5mからの落下)、-20度までの耐低温性能を備える。ネットワーク機能は、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0。サイズは、幅61×高さ59.5mm。重量は約172g。

「360fly HD」

 1504×1504ピクセル解像度/最大29.97fps/20Mbpsの360度HD撮影が可能。内蔵メモリーは16GB。バッテリー駆動時間は120分。最大90分の撮影が可能。

 このほか、1mの防水、防塵(IP6X)、耐衝撃(高さ1.5mからの落下)、-20度までの耐低温性能を備える。ネットワーク機能は、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0。サイズは、幅61×高さ59.5mm。重量は約138g。

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!