このページの本文へ

DDFA採用

デノン、最新ハイレゾ音源対応のフルデジタルヘッドフォンアンプ「DA-310USB」

2016年11月09日 15時00分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デノンは11月9日、フルデジタルのヘッドフォンアンプ「DA-310USB」を発表した。Qualcommの最新世代DDFAを採用する。USB DACを内蔵しており、PC接続時に最大11.2MHzのDSDや最大384kHz/32bitのPCMなど、最新フォーマットに対応する。また最大192kHz/24bitのPCMとなるが、光・同軸入力も可能だ。

有機ELディスプレーを搭載。再生中のフォーマットなども分かる。
背面の端子類。
DDFA(ヘッドフォン祭の際の資料)
カップリングコンデンサーが不要になるため、高音質化が図れる。特に低域の伸びに違いが出るとのこと。(ヘッドフォン祭の際の資料)

 10月23日に秋のヘッドフォン祭 2016で発売が予告されていた。DA-300の後継製品でDDFAを最新世代としたが、従来チップセットで構成していたものを1チップに集約し、消費電力を向上させるなど改良しているとのこと。部品的にも2500NEシリーズと共通化しているものが多い。本体は縦置きもでき、その際には有機ELディスプレーが自動的に回転する。

脚を付け替えることで、縦置きにも対応する。

 デジタル回路とアナログ回路を電気的に遮断するデジタルアイソレータ―の搭載やAdvenced AL32 Processing Plus、DACマスタークロックデザインといった同社Hi-Fi製品独自の技術を継承している。3段階のゲイン調整機能により300Ω、600Ωのハイインピーダンスのヘッドフォンにも対応できる。

ゲイン調整機能やAdvanced AL32 Processing Plusを搭載している。

 本体サイズは幅180×奥行き197×高さ71mm(横置き時)。重量は1.5㎏。価格は7万3440円で、12月中旬に販売を開始する。

USB DAC基板
DDFAを利用した、ヘッドフォンアンプ部分
アナログアンプ部分、高品質なパーツを利用している
マスタークロックデザイン。DAC用の高精度のクロックを全体の同期に利用する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン