このページの本文へ

CENTURY「裸族の4 in 1ルーム」

最大4台のPCで使える「裸族の4 in 1ルーム」がセンチュリーから登場

2016年10月29日 23時28分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HDD1台につき1ポートの独立インターフェースを搭載し、PCとHDDを1対1で最大4台まで接続可能な「裸族の4 in 1ルーム」(型番:CRPR35E4U3IS)がセンチュリーから登場。ドスパラ パーツ館で販売中だ。

PCとHDDを1対1で最大4台まで接続可能な「裸族の4 in 1ルーム」

 この製品は、HDDごとに独立したインターフェースと電源ボタンを搭載し、個別にHDDを認識させることができる4ベイ仕様のHDDケース。内蔵インターフェースはSATA3.0(6Gbps)、外部インターフェースはeSATAで、付属のeSATA-USB変換アダプタ「eSATA活してUSB3.0」を使えばUSB3.0接続でも利用できる。

 HDD1台につき1台のPCと接続することも可能。WindowsとMacOSなど、異なるOSのPCでも同時に使えるのはもちろん、独立電源スイッチ搭載でそれぞれのストレージ電源を個別にオン/オフできる。

WindowsとMacOSなど、異なるOSのPCでも最大4台まで接続する事ができる

 HDDの搭載はフロントアクセスタイプで、固定用のドアロックキーが付属。電源ユニットは150W、冷却は60mmファン×2を備え、回転数は2500rpm、騒音値は13.8dBA。サイズは130(W)×260(D)×185(H)mmで、重量は約3kg(HDD含まず)。対応OSはWindows 10/8.1/8/7/Vista、Mac OS 10.7.5以降。

 製品には「eSATA活してUSB3.0」×4、専用eSATAケーブル×4、専用ACケーブル、ドアロックキー、取扱説明書/保証書が付属する。

 価格は2万4800円だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中