このページの本文へ

IT業界の最新情報から思い出話まで読み放題!ASCII倶楽部情報局第30回

懐かし週刊アスキー:2015年6月30日発売号

約5時間でつくったイグアナ「バルーンアート」がマジすげえ【倶楽部】

2016年10月26日 12時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ちゅーやんです。
 お子さんがいっぱい集まるようなイベントでよく見る「バルーンアート」。私は泣く子も黙るほど手先が不器用なので、繊細な作業を求められる(と思っている)バルーンアートを自分でやろうなんて思ったことは一度もありません。

 しかしですよ、2015年6月30日発売の「週刊アスキー No.1035」の「『中の人』特捜部」に掲載されているバルーンアートがマジですごいんですよ。

5時間かけてイグアナつくりました

 「中の人」特捜部はネットで話題になった人に直撃する連載で、1035号ではバルーンアート作者・松本壮由さんに直撃しています。

 2015年1月にTwitterに投稿した「イグアナ」で一気に知名度をあげたのですが、接着剤やマジックペン、シールなどは一切使わずにバルーンのみで“鱗のデコボコ”や“つぶらな瞳”を再現しているんですよ。

 注目は国内にとどまらず、イギリスのBBCをはじめ海外でも報道されるほど。そんな松本さんに直撃したのが1035号の「中の人」なのです。

 松本さんの手がけるバルーンアートの製作時間は簡単なもので30分、複雑なものだと6時間に及ぶことも……。さらに、ひとつの作品に使うバルーンは50本も使うようです。風船50本すげえ。

 そんな松本さんの作品はこちらで見られます。2015年6月30日発売の「週刊アスキー No.1035」では、バルーンアートでリアルさを出すコツであったりと、これまでの経歴を含めたインタビューが掲載されておりますので、ぜひぜひご覧くださいませ!

 なお2015年6月30日発売の「週刊アスキー No.1035」を含めた最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーをASCII倶楽部でお楽しみいただけるのは、会員の方限定となっております。
 そんなASCII倶楽部は3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳しくは下記をご確認ください。

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題! 寒くなる前にぜひ!

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1248(2019年9月17日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事