このページの本文へ

TSUKUMO「6700K Edition」、「6700K Edition RR」

当たり確実? 清水氏OCテスト済みのCPUが週末販売

2016年10月19日 22時12分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オーバークロッカーで現在はツクモのスタッフでもある清水貴裕氏がテスト済みという高耐久CPU、その名も「TSUKUMO OC CPU」が、今週末の22日(土)にTSUKUMO eX.で販売予定だ。

清水貴裕氏がテスト済みという「TSUKUMO OC CPU」を今週末の22日(土)に販売する

 販売されるのは、清水貴裕氏が独自にオーバークロックテストを実施したというSkylakeの最上位モデル「Core i7-6700K」。用意されるラインナップは、動作クロック4.8GHz OC後に1時間の負荷テストをクリアした「6700K Edition」と、それをベースに競技向けに厳選したという「6700K Edition RR」の2モデル。

CPU-Zでは電圧1.328Vで動作クロック5GHzを実現していた

 いずれも在庫は2個ずつで、価格は「6700K Edition」が5万円(税抜)、「6700K Edition RR」が6万5000円(税抜)。ちなみに同店のノーマル版「Core i7-6700K」は3万5980円(税抜)で販売中。あらかじめ当たりが保証されているコアということであれば決して高いとも言えないだろう。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中