このページの本文へ

金属3Dプリンターによる理想の音

約45万円で世界200台限定! 3Dプリンター造形のチタン製ダイナミック型イヤフォン「LAB II」

2016年10月14日 13時40分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 S'NEXT(エスネクスト)は10月14日、自社ブランド「final」の「LAB(laboratory)」シリーズの第2弾としてダイナミック型イヤフォン「LAB II」を発表した。金属3Dプリンターによる難易度の高い形状で制作されているため、世界で200台限定の発売となる。発売日は10月22日で、価格は45万3600円。

 LAB IIのチタン製筐体は、3Dプリンター造形にしかできない理想の音を追求した設計だという。メカニカルイコライザー一体型筐体は、振動板に適切なプレッシャーを与える事で過度特性の改善を図り、干渉による高域特性の低下を防ぐ。筐体外側のメッシュ形状により、耳道と筐体間に僅かな隙間を生じさせ、閉塞感の無い自然な音場を実現した。

 ケーブルの長さは1.2mで、重量は31g。感度は110dB/mWで、インピーダンスは22Ω。ドライバーユニットは15mmφダイナミック型。コネクターは高精度MMCXで、ケーブルはオリジナル高純度OFCシルバーコートケーブル。 キャリーケース、交換用粘着剤付ダストフィルターが付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン