このページの本文へ

ノイズに強いシールド強化構造を採用

パナソニック、18Gbps高速伝送に対応4KハイグレードタイプのHDMIケーブル

2016年10月13日 19時49分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは10月13日、4KハイグレードタイプのHDMIケーブル5種を発表した。

 4K/60p映像を伝送するHDMIケーブルで、質感溢れる表現を可能にするHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応している。

 ノイズに強いシールド強化構造を採用し、接続機器や周辺機器への高周波不要輻射ノイズの影響を低減する。亜鉛ダイキャスト製シールドプラグ&ケースは、画質音質劣化の原因となるノイズを抑制する。また、プラグがコンパクトなのでテレビやレコーダーの端子面からおよそ45mmのスペースにコードを収めることができる。

 プラグの種類は、HDMIプラグ(タイプA、19ピン、デジタル映像/音声/制御信号)。 伝送速度は、18Gbpsまで対応し、ARC(オーディオリターンチャンネル)にも対応する。製品のラインアップと市場予想価格は以下の通りだ。

  • RP-CHK10(1.0mタイプ)3880円前後 11月25日発売
  • RP-CHK15(1.5mタイプ)4380円前後 11月18日発売
  • RP-CHK20(2.0mタイプ)4880円前後 11月25日発売
  • RP-CHK30(3.0mタイプ)6380円前後 11月25日発売
  • RP-CHK50(5.0mタイプ)9880円前後 11月25日発売

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン