このページの本文へ

レコード派オーディオマニアのこだわりとは

音質のために4人に1人が100万円超の投資!? オーディオマニアにアンケート

2016年10月11日 19時50分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新放送サービス「i-dio(アイディオ)」を提供している東京マルチメディア放送は10月7日、アナログ・レコードを週に1日以上聴いていて、さらに「音質が良い」ことに魅力を感じている16歳以上の男女100名を対象に実態調査した結果を発表した。

 オーディオマニアが高音質で聴くためにかけた金額を聞いたところ、一番多かったのが「10万円以上30万円未満」(25.6%)だった。また、その同数程度の人が「100万円以上」(24.5%)の費用をかけていることもわかった。

 オーディオマニアたちが高音質で聴くためにこだわっているものを聞いたところ、1位は「スピーカー」(65.0%)という結果になった。次いで、「レコードプレーヤー(ターンテーブル)」(53.0%)、「針(カートリッジ)」(51.0%)と続く。

 オーディオマニアの75%の人は外出時にも音楽を楽しんでいることがわかった。「音源」で最も多かったのは、「音楽CDからPC・スマホ等にコピーした楽曲ファイル(MP3等)」(68.0%)。外出時に音楽を聴く際のポイントは、「持ち運べる曲の多さ」や「コストパフォーマンス」、「機能」など、音質よりも実用性が目立つ結果となった。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン