このページの本文へ

見た目はSurfaceだが2.5万円! キックスタンド装備の激安Windows 10タブレット

2016年10月07日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自立できるキックスタンドを備えた、中国Jumper製のWindows 10タブレット「EZpad 5SE」が東映無線ラジオデパート店にて販売中だ。価格は2万4980円。

コスパ良好のスペックを搭載した、自立するスタンド付きのWindowsタブ「EZpad 5SE」が販売中。なにやら見た目が何かに似ているような……

 2段階調節可能なキックスタンドや独特な形状のボディーは、もはや見た目が完全にSurfaceなWindowsタブレット。もちろん本家モデルほど高性能ではないものの、Cherry Trail世代のプロセッサーを搭載し、デジタイザペンによる手書き入力にも対応するなど、なかなかに侮れない。コストパフォーマンスの高さは抜群だ。

 ディスプレーはフルHDの10.6型IPS液晶を採用。プロセッサーはAtom x5-Z8300、メモリー4GB、ストレージ64GBを実装。200万画素の両面カメラを備えるほか、Galaxy NoteのSペンにソックリなデジタイザペンによる筆圧感知の手書き入力に対応している。

キックスタンドは2段階の角度調節が可能で、後ろからの見た目はもはやSurface。独特のボディー形状もSurfaceにインスパイアされている

侮れないスペックにデジタイザペンによる手書き入力対応と、機能的にはかなり優秀。Sペン似のデジタイザペンは、ワコムのソフトウェアに対応している

 ネットワークは、Bluetooth 4.0と無線LANをサポート。フルサイズのUSB 2.0、USB 3.0ポートやmicroUSB、microSDスロット、miniHDMIを備えるなど、インターフェースも充実している。

 なお、同店では「画面下をペンで操作した場合、ペン先とポインター位置がズレる場合がある」「OS起動直後やスリープ復帰時にタッチパネルが動作しない場合がある(ペンでOSを再起動する必要あり)」などの仕様上の注意事項をアナウンスしており、ややクセが強い端末と言えるかもしれない。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン