このページの本文へ

日本での発売は未定

グーグル、独自のVR規格のヘッドマウントディスプレー「Daydream View」を発表

2016年10月05日 18時36分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは10月4日(現地時間)、独自のVR規格「Daydream」に対応したヘッドマウントディスプレー「Daydream View」を発表した。スレートカラーが11月に発売予定、価格は79ドル(日本円でおよそ8130円)。日本での発売は未定。

 Daydream対応のスマートフォンをDaydream Viewに取り付けて、VRを体験する。軽量なジャージ素材を活用し、通気性に優れており快適に装着できるという。また、パッドは手洗い可能なので清潔性も保つことができる。

 Daydream ViewではDaydream対応のゲームをプレーしたり、YouTube、Google Play ムービーなどを視聴できる。付属のコントローラを使い、ゲーム内でバットを振ったり、釣りをするなどの操作が可能だ。

カラバリはSnow、Slate、Crimson

 サイズは幅106.2×長さ166.8×高さ98.6mmで、重量は220g。互換性はDaydream対応スマートフォン(Pixelを含む)。Daydream Viewコントローラ、リスト ストラップなどが付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン