このページの本文へ

右腕/左腕/右脚/左脚それぞれに計測、バランスよいトレーニングに

タニタ、家庭用としては世界初の「部位ごとの筋質」測定可能な次世代体組成計

2016年10月06日 08時00分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インナースキャンデュアル RD-800

 タニタは10月5日、体組成計の新製品として身体の部位ごとの筋質を測定できる「インナースキャンデュアル RD-800」を発表。11月11日に発売する。

 同社の体組成計の最上位モデルとなり、身体に微弱な電流を流して筋肉や骨、脂肪量を測定するだけでなく、全身や体幹部、右腕、左腕、右脚、左脚それぞれの筋肉量を測定することでバランスのよいトレーニングを可能とし、アスリートのでコンディションに役立てる。

計測結果は対応の健康管理アプリ「ヘルスプラネット」でビジュアル表示 

 計測・表示項目は、体重、筋肉量(全身・体幹部・右腕・左腕・右脚・左脚)、筋質点数(全身・右腕・左腕・右脚・左脚)、MBA判定、脈拍、体脂肪率(全身・体幹部・右腕・左腕・右脚・左脚)、BMI、体水分率、推定骨量、基礎代謝量、体内年齢、内臓脂肪レベルという全26項目にのぼる。

 計量範囲は0~200kg(100kgまでは50g単位)。Bluetooth 4.0で接続したスマホに計測データを送信してアプリでコンディションを管理できる。サイズは約幅320×高さ57×奥行き348mm、重量約2.8kg。価格はオープン。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン