このページの本文へ

ショアトルーパーが早くもフィギュア化

SW「ローグ・ワン」だから…ベイダー卿がフィギュアになって帰ってきた!

2016年10月04日 19時17分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ホットトイズジャパンは10月4日、「ムービー・マスターピース」シリーズにて、1/6スケールフィギュア「ダース・ベイダー」、「ショアトルーパー」を発表した。発売は2017年1月。

 映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」にて、新たな物語で登場するダース・ベイダーと、シリーズ初登場となる新たな帝国軍兵士・ショアトルーパーを、30箇所以上が可動する1/6スケールのフィギュアとして立体化した。

 帝国軍の司令官で、シスの暗黒卿ダース・ベイダーの大柄な体格を全高およそ35cmのフィギュアで再現。新規で開発したボディーと生命維持装置でもある漆黒の装甲服は、独特な形状のマスクとヘルメットなど質感やディテールにこだわって精巧に仕上げている。

 ベルトに下げておくことが可能なOFFモードのライトセーバーを付属。ベルトのシステム機能ディスプレー部にはLEDによるライトアップ機能を搭載している。価格は3万7800円。

 全高およそ30cmのショアトルーパーは、熱帯惑星スカリフで活動する帝国軍兵士。一般のストームトルーパーと形状やカラーリングが異なる装甲服を着用している。

 独特なフォルムのヘルメット、ブルーのカラーが施された装甲、インナーに着用している黒のアンダースーツなどの質感やディテールにこだわり、細部に至るまで精巧に再現。

 武器としてブラスター・ライフルが付属し、実際の装甲に付着した汚れなどを表現するために、業界トップクラスのウェザリング塗装を施している。価格は2万9000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ