このページの本文へ

交通費精算業務を効率化

Suicaなど交通系ICカードに対応したクラウドサービス 「transit manager」

2016年09月28日 14時44分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジェイアール東日本企画は9月27日、JR東日本メカトロニクス、ソフトバンク、ビーマップと連携して、Suicaなどの交通系ICカードに対応した交通費精算サービス「transit manager(トランジット・マネージャー)」を提供すると発表した。10月1日から法人向けに提供開始する。

 transit managerは、交通系ICカードで乗車した鉄道やバスなどの利用実績から、交通費として申請するデータを選択して集計する業務用ソリューションだ。業務で利用した交通系ICカードを、オフィスに設置した端末や、PaSoRi(ソニー製非接触ICカードリーダー/ライター)、あるいはNFC対応スマホなどの対応機器にかざすことで、ICカード内の利用実績データをクラウド環境で管理・操作できるようになる。

利用可能な交通系ICカード
スマホでの利用イメージ
ブラウザでのサービス画面イメージ

 クラウド環境で提供されるユーザー専用ページにログインすると、利用実績を業務用と私用に区分し、必要なコメントを付記することで申請データを作成できる。

 作成された申請データは、PDF形式で出力してそのまま印刷できるほか、CSV形式で出力したり、業務システム連携用のインターフェースから取得も可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン