このページの本文へ

クランプ取り付け・吸盤取り付けの2種類

スマホ/タブレットが思いのまま動くアームスタンド発売

2016年09月28日 12時17分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワダイレクトは9月27日、iPad・タブレット用アームスタンド「100-LATAB002」、「100-LATAB003」を発売した。価格はいずれも4479円。

100-LATAB002100-LATAB003

 100-LATAB002と100-LATAB003は、タブレットをデスクに設置できるアーム式のスタンドだ。アームはさまざまな角度に調整可能で、6つの関節を搭載している。それぞれの関節で角度調整をすれば、向き・角度・高さを変えて使用可能。アーム式は据え置き型のスタンドタイプと異なり、設置スペースが少ないためデスクを広く使ったり、タブレットを見やすい位置に移動できるとしている。

 ホルダー部は360度回転可能で、縦・横設置に対応。各関節部は付属の6角レンチで固定でき、ホルダーは4型以上のスマホ、7~11型程度のタブレットに対応。また幅113~190mm、厚さ10.5mmまでの機器にも対応する。

使用イメージ

 100-LATAB002はクランプ式を採用し、取り付けの際に工具が不要。調整ボルトが上部に付いているので座ったまま簡単に取り付けられるという。デスクと接する部分には厚めのゴムが付いており、傷つきを防ぐとしている。

 100-LATAB003は吸盤式を採用。真空ゲルで強力に取付けが可能だという。レバーを引くことで固定し、 座ったままでもかんたんに設置できるとのこと。

 主な仕様は、アーム部の長さがおよそ38.5cm、重量はおよそ520g(100-LATAB002)/474g(100-LATAB003)、耐荷重は1kgまで。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン