このページの本文へ

ドライバーの新リファレンスになるか、英イヤフォンの音が別格

2016年09月03日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フィルター交換も楽しみのひとつ

 ハウジングはシュアのイヤーモニターを思わせるデザインで、樹脂製のようになめらかな三次元曲面を持っています。これがステンレス製というのが、まず驚き。メタルインジェクションによる整形で、衝撃や腐食に強い堅牢性と同時に、手触り、形状ともにいままでのイヤフォンにない新鮮さも備えています。

 ハードとしてのおもしろさは、ノズル交換式のチューニングフィルターにも現れています。フィルターを内蔵したノズルとハウジング本体の結合部は、バルナック型ライカのようなスクリューマウント式で。交換もレンズ同様、フィルターをクルクル回して着脱するというもの。結合部には音漏れを防ぐためにラバーブッシュも入っています。

 はっきり言ってしまえば、AKGのK3003のフィルターと似たようなものですが、ハウジングに装着しないフィルターのために、ステンレスの厚い板でできたフィルターマウントも用意されています。これは保管や携帯に便利で、あれこれチューニングを試す際に重宝します。

 フィルターは標準装着のリファレンス、そしてベースとトレブルの3種類。トレブルは金属メッシュだけの素通し状態、それに高域成分を削るフィルターとして不織布を追加したのがリファレンス、そのフィルターの厚みを増したのがベース。つまりフィルターをかけないことで、高域を強調するのがトレブルフィルター。高域に適切なフィルターをかけてフラットにしたのがリファレンスフィルター。高域に強くフィルターをかけることで、低域を強調するのがベースフィルターということです。

チューニングはイヤーチップと組み合わせて

 音質はイヤーチップでも変化するので、フィルターと組み合わせて、好みの音に追い込んでいくこともできます。付属するイヤーチップは、通常のシリコンチップがS/M/Lの3サイズと深さの違いで6ペア、ダブルフランジチップと、低反発ウレタン製のフォームチップが2ペアづつの、計10種類と豊富です。

 たとえば低域を強調したいならベースフィルターと密閉度の高いダブルフランジチップ、高域を強調したいならトレブルフィルターにシリコンチップを組み合わせるといったように。高域を吸収しやすいフォームチップとの組み合わせでは、それぞれまた違ったバランスが楽しめます。

 ちなみに、ノズルの着脱はイヤーチップが付いた状態の方が回しやすいです。そしてスボラを決め込む場合は、お気に入りのイヤーチップとフィルターの組み合わせを、そのままフィルターマウントに装着して保管することもできます。

 いずれにしても、しっかり締めておかないと音質に影響が出るだけでなく、ノズルが緩んでイヤーチップごと脱落してしまう可能性があることです。万一紛失した場合でも、チューニングフィルターは別売りパーツとして国内でも流通しているので、その点では安心できますが。

イヤーチップのほか、ケーブルクリップとキャリーケースも付属します

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画