このページの本文へ

Chrome OSでのサポートは続行

Chromeブラウザー向けの「Chromeアプリ」、Windows、Mac、Linuxでのサポート停止へ

2016年08月22日 15時57分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは8月19日(現地時間)、今後2年間でWindows、Mac、Linuxでの「Chromeアプリ」サポートを停止することを明らかにした。

 Chromeアプリはウェブブラウザー「Chrome」の「Chromeウェブストア」で配布しているアプリで、単独のウィンドウで通常のアプリケーションのように動作できる機能だ。2016年後半から新たに公開されたChromeアプリは、Chrome OSのユーザーのみ利用可能となる。なお、既存のChromeアプリは今後もすべてのプラットフォームからアクセス可能で、開発者はアプリの更新もできるという。

 Chromeアプリにはパッケージ化されたアプリとホスト化されたアプリの2種類があり、パッケージ化アプリのユーザーはWindows、Mac、Linuxではおよそ1%だという。ほとんどのホスト化されたアプリはすでにWebアプリケーションとして実装されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン