このページの本文へ

日本最高級の漆器と同等の樹脂成形品が可能に

NEC、漆器の美しさ再現したバイオプラスチックを開発

2016年08月18日 15時35分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

漆ブラック・バイオプラスチック

 日本電気は8月17日、京都工芸繊維大学などと共同で漆独特の美しさを実現したバイオプラスチックを開発したと発表した。

 食糧問題への対策から原料に非食用植物を原料に用いたセルロース系バイオプラスチック。着色性や光の反射性を調整する成分を添加、日本を代表する漆芸家の下出祐太郎氏(下出蒔絵司所三代目・京都産業大学教授)の協力を得て、最高レベルの漆器モデルと同等の深みや温かみ、艶のある漆同様の漆黒(漆ブラック)を再現。

 漆器では漆を塗布した表面を磨いて仕上げるが、今回開発したバイオプラスチックは通常の樹脂製品同様に金型を使った射出成形で製造でき、さまざまな形状に仕上げることができるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン