このページの本文へ

HBT+「Arctica 120」

日本初上陸のオールインワン水冷キットが税込5000円台で販売開始

2016年08月16日 22時05分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 台湾の新興パーツメーカーであるHonBonTec Limitedのブランド「HBT+」から、オールインワン水冷キットの新モデル「Arctica 120」(型番:TW-A12X-PWV1)が発売された。

HonBonTec Limitedのブランド「HBT+」から、発売されたオールインワン水冷キットの新モデル「Arctica 120」

 HonBonTec Limitedは、2015年1月に設立された台湾の新興パーツメーカー。PCケースや空冷、水冷タイプのCPUクーラーを取り扱っており、今回初上陸の第1弾製品が「Arctica 120」だ。なお国内正規代理店は株式会社アイティーシー。

税込み5000円台と安価な価格設定が魅力。水冷入門用に購入してみるのもいいだろう

 「Arctica 120」は、120mmラジエーター(W120×D153×H27mm)採用のオールインワン水冷キット。耐久性を向上のため高品質ポンプと信頼性の高いFEPチューブを採用。LEDインジケーターを備えるポンプ一体型のヘッド部は、CPUベースに銅製を採用した。そのほか、冷却ファンは独自ブレード採用の120mmファンで、回転数は600~1800rpm、風量30~75CFM、ノイズレベル23~32dBAというスペックだ。

 対応ソケットはLGA 2011v3/2011/1366/1156/1155/1150、Socket FM2/FM1/AM2/AM2+/AM3/AM3+。価格は5990円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中