このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第391回

夏本番! 部屋もPCも暑いのでモバイルPC用クーリングユニットを衝動買い!

2016年08月10日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
宇宙に生息するメカニカルな昆虫のような「熱排出ファン搭載 ノートPCクーラー」
宇宙に生息するメカニカルな昆虫のような「熱排出ファン搭載 ノートPCクーラー」

 東京でも摂氏35度越え、大阪や京都では37度とも38度とも言われる猛暑日が続いていますが、読者の皆様方は夏バテ知らずで元気にしておられますでしょうか?

 一晩中エアコンオンで快適に眠ることのできない貧乏性の筆者は、夜中もエアコンをオン/オフして温度調整をするためにリモコンを握って眠る夜が続いている。

 異常気象の続く日本の夏が弱いのは人だけではなく、動物もパソコンもVR対応のスマホをみんな同じだ。我が家のワンコは、朝7時頃の散歩に出かける時には、人用ではあるがワンコ専用にしたSサイズのアイスマフラーを首にして出かけるが、この炎天下、ほんの10分もすれば、冷たさはどこかに消えてなくなり、ただのうっとおしい首輪になってしまう。

 エアコンのギンギンに効いた快適な室内で使うパソコンも、省エネも考慮して環境温度を人にとって快適な27度くらいに保っていると、ちょっと動画の再生をしたり、グラフィックアプリケーションを使っていると、アッという間に30度は超えてしまう。

 そんなパソコン排気の温度をタイムリーに下げる怪しげなアイテムを衝動買いしてしまった。商品名はちょっと長めの「熱排出ファン搭載 ノートPCクーラー」(以下、ノートPCクーラー)というものだ。

ノートPCの熱を吸い出すノートPCクーラー

 今回の製品は、一般的に強力な大型ファンやクーリングフィンの取り付けられたデスクトップPC用ではなく、モバイルPC用の冷却装置の機能をより加速して快適な操作性を後押しする後付けの周辺機器だ。

 なにより筆者の興味を惹いたのはその怪しい外観だった。巨人に寄生する宇宙の昆虫のような形状は極めて筆者好みだった。

付属品は全部でこれだけ。取説がないが、カンで分かる程度のモノだ 付属品は全部でこれだけ。取説がないが、カンで分かる程度のモノだ

 秋葉原の店頭で見た瞬間、意識なく手にとってレジに向かっていたノートPCクーラーの中身は、まずノートPCクーラー本体、モバイルPCのファン送風口にサイズを合わせるためのゴム製アダプターがサイズ違いで4個、モバイルPCのUSBポートから電源供給を受けるためのUSBケーブル、ノートPCクーラーとモバイルPCの位置調整を行なうためのスペーサークッション、そして心配が優先する感じの保証書だけだ。

 パッケージの個体差なのかもしれないが、一般的な商品に普通は付属する「取説」というものが筆者の場合は一切なかった。まあ、本体と付属パーツ、スイッチ類に記述されたアイコンを見れば大凡の判断はつくのでこの際、よしとしよう。

本体の裏側と、モバイルPCと位置合わせしてジョイントするプレート(左) 本体の裏側と、モバイルPCと位置合わせしてジョイントするプレート(左)

 本体裏側には、ノートPCクーラーをモバイルPCと隣接してジョイントするための“半透明ボトムプレート”が180度逆向きに付けられている。これは出荷時のパッケージ内でのスペース節約のためだろう。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン