このページの本文へ

位置情報記録やGセンサーによる緊急時のファイル保護などの機能も充実

目的地でアクションカメラとしても使える2Wayドライブレコーダー

2016年08月04日 20時09分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeK Computerは8月4日、ドライブレコーダーとしてもアクションカメラとしても使用できる2Wayドライブレコーダー「RECO Sync」を発表した。発売は8月12日予定で、価格はオープン。

 RECO Syncは車窓の記録や万が一に備えるドライブレコーダーと、アクティビティを記録するアクションカメラとして使用できる。本体にはレンズフィルター取り付け溝(58mm)や4分の1インチ三脚ネジ穴を備えるため、さまざまなカメラ用オプションを使用できる。

 映像処理技術、WDR(ワイドダイナミックレンジ)撮影機能を搭載し、逆光時や夜間などの悪条件下でも鮮明な映像を録画可能。また、F1.8の明るいレンズを採用し、夜間でもノイズのない映像を記録できる。

  映像センサーにはSONY製CMOSセンサーを採用。フルHD(1080P)の高精細な画質を毎秒30フレームで記録するので、ナンバープレートや事故の瞬間も確認できるとする。

 バッテリーは720mAh。そのほかの機能としては、水平150度の広い範囲を録画する広視野角レンズ、Gセンサーによる緊急時のファイル保護、GPSレシーバーによる位置情報記録、NFCによるワンタッチペアリングをそなえる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン