このページの本文へ

使いどころに悩む極小すぎるテント「Tiny Tents」登場

2016年07月14日 09時30分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バナナが巨大に見えるほど極小サイズの本格的テント「Tiny Tents」

 見た目はふつうのテントっぽい「Tiny Tents」の最大の特徴はそのサイズ。スモールとラージの2サイズが用意されますが、スモールは約48×48×30cm、ラージでも約74×74×48cmと極小で、オトナが使う場合は頭が入るかどうかも怪しいレベル。Kickstaeterでのアーリエストバード枠の価格は12ドル(スモール:約1250円)とこちらもスモール。日本までの送料も+12ドル(約1250円)です。

スモールとラージライズが用意されますが、どちらもスモールだと思います

 これほど小さい「Tiny Tents」ですが、そのつくりは本格的。2つづつドアとウインドーが用意され、アルミ&ファイバーグラス製のポールや防水ナイロン繊維を採用。フライシートも取り外し可能です。単純に“ものすごく小さいテント”というまったく需要が読めないこのアイテム、開発者はペット用のテントやインテリア小物としての活用を提案しています。

 アウトドアで自分のテント脇にペット用の「Tiny Tents」を並べて設営するとキュートな光景になりそうですね!

ペット用のテントとして活躍するかも?

ジオラマやインテリア小物にも使えそう


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ