このページの本文へ

自動アップデートならば対応されているはずだが最新バージョンであるか確認しよう

LINE、Windows版に脆弱性を発見、修正版を公開済み

2016年07月11日 16時26分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PC版(Windows版)のLINEアプリに脆弱性

 LINEは7月8日、PC版(Windows版)アプリに脆弱性が発見されたという報告を受けて対応した修正バージョンを公開したと発表した。

 これはJPCERTコーディネーションセンターに6月28日に報告された脆弱性で、ファイルを開く際に意図しないDLLを読み込んでしまう可能性がある。影響を受けるバージョンはLINE PC版(Windows 版)ver 4.7.0とそれ以前。

意図しないDLLを読み込むことで攻撃者が仕込んだ任意のコードが実行される可能性がある

 LINEでは報告を受けて修正バージョンを7月1日に公開、全ユーザーに対し自動アップデートを実施した。基本的に自動アップデートがなされていれば問題は対応済みだが、最新バージョンは同社ダウンロードサイトにて入手できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン