このページの本文へ

夏ボで買うぞ! 人気SIMフリースマホ全カタログ第2回

指紋センサー付きがオススメ! 3万円台に強力モデル多し!

夏ボで買いたい人気SIMフリースマホ全紹介 【ミドルハイ編】

2016年06月26日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

薄型の金属筐体に5色のカラバリ、独自のUIも
FREETELの勝負モデル「SAMURAI REI」

 TVCMを積極的に展開するなど、より広いユーザー層への食い込みを狙うFREETEL。そのFREETELの勝負モデルが「SAMURAI REI(麗)」だ。税抜約3万円の価格ながら、アルミを用いた金属筐体を採用。厚さ7.2mmと136gという薄型軽量を実現している。

FREETELの注目新モデル「SAMURAI REI」

 主なスペックもフルHDの5.2型液晶、オクタコアCPU、2GBメモリー、32GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、2800mAhバッテリー、指紋センサー、Android 6.0と十分な内容だ。前面下部にあるハードタイプのホームボタンは独自仕様で、指紋センサーを内蔵するほか、軽いタッチで「戻る」、ダブルクリックで「アプリ履歴」、長押しで「検索」と、1つのボタンで主要な端末操作が可能になっている。

カラバリはメタルブラック、メタルシルバー、シャンパンゴールド、ピンクゴールド、スカイブルーの5色

 カラバリは5色も用意されており、特にスカイブルーは爽やかさが印象的。量販店ではポイント付きで購入できたり、FREETELのSIMとのセットでキャンペーンも用意されているなど、さらにお買い得度を高める方法もある。

シンプルなデザインとカラーが好印象

人気スマホの新モデルは機能と性能が大幅アップ!
「HUAWEI P9 lite」

 ミドルクラスのSIMフリースマホとしてロングヒットになった「HUAWEI P8lite」。その後継機の「HUAWEI P9 lite」は、価格帯こそ同じ約3万円ながら、大幅にスペックアップしての登場となった。

 ディスプレーはフルHDの5.2型液晶、CPUはオクタコアの「Kirin 650」(2GHz+1.7GHz)、2GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、3000mAhバッテリー、指紋センサー、Android 6.0など。内蔵ストレージだけは若干小さめだが、性能自体はこの価格帯では一歩抜けた存在だ。

 メタルフレームの薄型筐体に加え、機能面でもファーウェイの上位モデルを継承しているのも大きな特徴で、端末操作が可能な指紋センサーや、豊富な機能を備えたカメラにも注目したい。

メタルフレームで厚みは約8.15mm。背面には指紋センサーが。ゴールドのカラバリはヘアライン仕上げ

3万円台半ばで金属筐体にフルHD液晶、指紋センサー
5.5型のコスパよしの1台「HUAWEI GR5」

 SIMフリースマホの新製品を続々投入するファーウェイの注目モデル。3万円台半ばの価格ながら、フルHDの5.5型液晶、オクタコアCPU(Snapdragon 616)、金属筐体、さらに指紋センサーとかなりハイスペックな1台だ。

フラグシップ級から受け継いだ機能を持つ、高いコスパが魅力の「HUAWEI GR5」

 その指紋センサーは、タッチするだけでスリープからの復帰とロック解除が同時にできるほか、タッチパッドのような機能も持っており、上下のスライドで通知領域を出し入れしたり、カメラのシャッターを切るなどの操作が可能。ゴールドのカラバリも魅力的だ。

背面にタッチ式の指紋センサーを搭載。ヘアライン風塗装も高級感を感じる

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン