このページの本文へ

Radeon RX460搭載のgurabo

2016年06月24日 23時14分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CFDは8月8日、Radeon RX460搭載のグラフィックボードの取扱いを発表した。ラインナップはメモリーが4GDの「GV-RX460WF2OC-4GD」と2GDの「GV-RX460WF2OC-2GD」がある。出荷予定は8月中旬。

 両製品の特長として、ファンは三角形のエッジデザインにより空気の乱流を低減し、エアフローを向上させた80mmファンを2機搭載。GPUを効率的に冷却する。

三角形のファンエッジとファン表面の3次元ストライプカーブによって従来のファンよりも23%効果的に気流を向上させたという

 GPUの負荷や温度が一定より低い場合は、セミパッシブファンがオフになる3Dアクティブファン機能を搭載している。また、オーバークロックの知識がなくてもXTREMEエンジンユーティリティを使うことで簡単にオーバークロックすることが可能だ。最高級のチョークコイルやコンデンサを使用して設計されており、優れた性能と耐久性によって長寿命を実現しているという。

直感的なOSDインターフェイスを介して、クロック速度、電圧、ファン性能、ライティング効果、電力目標を調整できる

GV-RX460WF2OC-4GD

 メモリーは4GB/GDDR5。サイズはおよそ37×191×111mm。予想価格は1万8900円 前後。

GV-RX460WF2OC-2GD

 メモリーは2GB/GDDR5。サイズはおよそ37×191×111mm。予想価格は1万7280円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中