このページの本文へ

グローバル向けに9月から販売へ

富士通、インテル Xeon Phi プロセッサー搭載「FUJITSU Server PRIMERGY CX600 M1」

2016年06月22日 13時19分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PRIMERGY CX600 M1」

 富士通は6月21日、最新のインテルCPU「インテル Xeon Phi プロセッサー製品ファミリー」を搭載した、「FUJITSU Server PRIMERGY CX600 M1(以下、PRIMERGY CX600 M1)」をグローバルに9月から販売すると発表した。

 1シャーシが2UサイズのPRIMERGY CX600 M1は、インテル Xeon Phi プロセッサー製品ファミリーを1基搭載する「FUJITSU Server PRIMERGY CX1640 M1」サーバノードを、最大で8台搭載できる。また1シャーシ規模のシステムから、19インチラックあたりPRIMERGY CX1640 M1サーバノードが最大168台の大規模システムまで、さまざまな規模のシステム構築を実現できるという。

「PRIMERGY CX600 M1」 シャーシ内部構造

 さらに従来型の冷却ファンによる空冷モデルに加え、最新の温水冷却技術を採用した水冷モデルをラインアップに追加。これにより冷却チラー設備の場合と比較し、冷却設備を削減する効果が期待できる。サーバに内蔵する水冷ポンプでCPUを冷却し、冷却ファンの回転数を下げることで消費電力を低減するとのこと。

 なお本製品は、国立大学法人東京大学と国立大学法人筑波大学とが共同運営する、「最先端共同HPC基盤施設(JCAHPC)」の新スーパーコンピュータシステム「Oakforest-PACS(オークフォレスト・パックス)」に採用されている。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通