このページの本文へ

ソニービル開業から50年、次の50年に向けての新計画

さよなら銀座ソニービル、新たに「銀座ソニーパークプロジェクト」が始動

2016年06月14日 18時12分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

銀座ソニーパークのイメージ図および模型

 ソニーは6月13日、東京・銀座のソニービルをリニューアルする計画「銀座ソニーパークプロジェクト」を発表した。ソニー創業70周年、ソニービル開業から50年目にあたる本年より開始する。

 2017年3月31日をもって現在のソニービルの営業を一旦終了、2018年から2020年の間は「銀座ソニーパーク」と呼ぶ公園として開放され、銀座の街で行なわれる各種イベントなどに利用される。

「銀座ソニーパークプロジェクト」実施概要

 2020年秋以降に新たなビルの建設が開始され、2022年秋に新ソニービルが営業開始する予定。ソニーでは、これまでのソニービル同様に次の50年をための情報発信の場として生まれ変わるとしている。

「GINZA PLACE」地図および完成予想図

 ソニービルでは、全館の営業を終了するまでの期間、ソニービルの歴史を紹介する写真展示やトークショーを8階コミュニケーションゾーンで実施する。また、ソニーショールームおよびソニーストア銀座は銀座4丁目交差点「GINZA PLACE」ビルに移転、2016年9月24日より開店する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン