このページの本文へ

2.5K有機EL&サムスン製8コア搭載! ハイスペ仕様の10.5型タブレットが販売中

2016年06月03日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2Kクラスの高解像度ディスプレーや8コアCPUを搭載する、BungBungameの10.5型タブレット「KALOS 2」が発売。パソコンショップアークにて店頭販売が始まっている。

美麗な高解像度有機ELディスプレーやサムスン電子製の高性能SoCを搭載する、ハイエンドクラスのタブレットが発売中。販売店のアークでは店頭デモも行われてる

 2560×1600ドットの有機ELディスプレーを採用するほか、Galaxy S6同等のサムスン電子製オクタコアプロセッサーExynos 7420(2.1GHz)を搭載する高性能タブレット。厚みわずか6mm台のスリムなメタルフレームのボディもカッコよく、デザインとスペックの両方を追求するぜいたくなユーザーにピッタリだ。

 その他の仕様は、メモリーがDDR4 3GB、ストレージ64GB、OSはAndroid 6.0.1を搭載。500万画素のインカメラと800万画素のメインカメラも装備、ネットワークはBluetooth 4.1、NFC、802.11acの無線LANをサポート。充電・同期用のコネクターには、USB Type-Cが採用されている。

 パソコンショップアークにおける店頭価格は、5万9184円だ。

ハイスペックな仕様だけでなくスタイリッシュな外観も魅力で、端末の厚みはわずか6.4mm。インターフェースはUSB Type-CやmicroSDスロットなどを備えている

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン