このページの本文へ

レノボ、重量約999g、世界最薄12.8mmうたう「YOGA 900S」

2016年05月31日 11時00分更新

文● 小林 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは5月31日、コンバーチブルPCとしては世界最薄12.8mmをうたう新モデル「YOGA 900S」を発表した。6月3日に販売を開始する。価格はオープンプライス。店頭モデルは税別で18万5000円前後、ウェブ直販モデルが税別で20万円前後になる見込み。

 900Sはモビリティー重視の製品。既発売のYOGA 900はパフォーマンス重視となる。

 ディスプレーサイズは12.5型。天板にカーボン素材を採用することで軽量化しており、重さ約999gとなった。CPUは第6世代のCore m。PCIe SSDやUSB Type-C(USB 3.0)/USB 2.0(電源入力と共用)など最新のトレンドを積極的に盛り込んでいる。

バックライトも装備

 デザイン面ではYOGAシリーズではおなじみのウォッチバンドヒンジに加え、シャンパンゴールドとプラチナシルバーの2色のカラーバリエーションを選択可能。キーボード部分もゴールドもしくはシルバーになるなどスタイリッシュな仕上がりとなっている。

 キーボードは18mmピッチ/1mmストロークというスペック。

塗装など、ねじにも気を使っている

 2モデルがあり、下位は店頭向け、上位はウェブ直販向け。CPUがCore m5/Core m7、ストレージが256GB/512GB(PCIe SSD)、液晶ディスプレーの解像度が1920×1080ドット/2560×1440ドット、バッテリー駆動時間が最大約14.1時間/12.1時間(JEITA 2.0測定基準)などが主な違い。

 OSはWindows 10 Home(64bit)、本体サイズは幅305×奥行き208×高さ12.8mm、重量は約999g。

ウェブ直販モデルの仕様
CPU Core m7-6Y75(1.2GHz)
メモリー 8GB(最大8GB)、LPDDR3
SSD 512GB
GPU Intel HD Graphics 515(4GB)
液晶ディスプレー 12.5型 IPS(2566×1440ドット)、10点タッチ
I/O USB 3.0、USB 2.0、USB Type-C(USB 3.0)
通信 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
本体サイズ 幅305×奥行き208×高さ12.8㎜
重量 約999g
OS Windows 10 Home(64bit)
バッテリー駆動時間 約12.1時間(JEITA 2.0)

■関連サイト

カテゴリートップへ