このページの本文へ

Transcend「DrivePro 200」

ワイドアングルでフルHD録画ができるドライブレコーダー

2016年05月21日 22時01分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 トランセンドから、Wi-Fi機能を搭載したドライブレコーダー「DrivePro 200」(型番:TS32GDP200A)が登場。テクノハウス東映で販売中だ。

Wi-Fi機能を搭載したドライブレコーダー「DrivePro 200」

 2014年発売の後継モデルとなるトランセンド製ドライブレコーダーの新モデル。160度ワイドアングルに対応したレンズを採用し、画像センサーには300万画素低照度高感度CMOSセンサーを内蔵。ワイドアングルレンズが捉える映像を1920x1080p (30fps)の高解像度で録画する。

Gセンサーが衝撃を感知すると、緊急モードで録画を開始。このモードで記録されたデータは上書きされない

 無料でダウンロードできるDrivePro Appを利用すればiOSやAndroid機器専用のアプリでスマートフォンなどからワイヤレスで接続可能。映像データのストリーム再生やダウンロードを行える。そのほか、内蔵のmicroSDHCカードはMLC NANDフラッシュ採用の32GB。最大5時間のフルHD録画ができる。

 価格は1万3800円。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中