このページの本文へ

6月には「WWDC 2016」開催へ

Apple Watch向け新OS「watchOS 2.2.1」リリース

2016年05月17日 15時20分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「watchOS 2.2.1」を正式リリース

 アップルは5月16日(現地時間)、Apple Watch向けにwatchOSの新バージョン2.2.1の配信を開始した。新バージョンでは、おもにバグの修正とセキュリティーアップデートが含まれているという。

 アップデートをインストールするには、iPhoneで「Watch」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」へ進むと実行でき、Apple Watchが「Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある」「充電器に接続されている」「50%以上充電されている」といった3つの条件をすべて満たしている必要がある。

 なお、アップルは6月13日から開発者向けイベント「WWDC 2016」をサンフランシスコで開催すると発表しており、iOS 10をはじめ次期OS Xや新MacBook、Apple Watch 2などの発表が期待される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中