このページの本文へ

一般ユーザーからの直接IPv6接続、ようやく広がりそうな雰囲気

ASAHIネット、ネイティブIPv6接続サービスに向け事業参入

2016年05月10日 17時50分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AsahiNet

 朝日ネットは5月10日、ネイティブ方式でのIPv6接続サービス提供に向けた事業参入を行なうと発表した。

 ネイティブIPv6接続サービスでは一般家庭などのユーザーが、直接IPv6インターネットに接続可能となる。これまで3社が提供しているが、2012年9月にVNE事業者枠が12社に拡大されて以来の参入となる。

 朝日ネットでは、これまでのIPv4接続よりも品質の高いサービスが提供可能として、参入を決定。東日本電信電話と西日本電信電話へ、接続申し込みを行ない受領された。既存サービスと統合し、2017年4月のサービス開始を目指すという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン