このページの本文へ

Jide Technology「Remix Mini RM1G」

Androidでマルチウインドウ表示できる小型PC「Remix Mini RM1G」

2016年04月28日 23時22分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 元グーグル社員が設立したJide Technologyから、Androidをベースに独自にカスタマイズした「Remix OS 2.0」を採用する小型PC「Remix Mini RM1G」が発売された。国内代理店はテックウインド。

Androidをベースに独自にカスタマイズした「Remix OS 2.0」を採用する小型PC「Remix Mini RM1G」

 「Remix OS 2.0」は、Android互換OS「Remix OS」をプリインストールした、手のひらサイズの小型PC。マルチウインドウ表示など、デスクトップPCのような操作でAndroidアプリが動作するのが特徴で、タスクバーの表示やファイル管理、コピー&ペースト、キーボードショートカットなども可能だ。

国内代理店はテックウインド。日本語マニュアルも同梱されていた

 CPUはAllwinner製64bit(クアッドコア/Cortex A53/1.20GHz)でファンレス駆動に対応。メモリーはDDR3 2GB、ストレージは16GBで、インターフェースはmicroSDカードスロット(最大128GB)、USB 2.0×2、ヘッドホン3.5mmジャック×1、HDMI出力×1。

 ネットワークはギガビットLAN、IEEE 802.11 b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0に対応する。サイズは125(W)×88(D)×26(H)mm、重量は約134g。電源は5V/2Aで、専用のACアダプターが付属する。なお、「Chrome OSよりWindowsっぽいミニPC「Remix Mini」を試した:週間リスキー」では簡易レビューも紹介しているので参照してもらいたい。

 販売しているのはパソコンハウス東映。価格は1万584円だ。

インターフェースはmicroSDカードスロット(最大128GB)、USB 2.0×2、ヘッドホン3.5mmジャック×1、HDMI出力×1。HDMIケーブルも付属し、液晶ディプレーやTVに接続して利用する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中