このページの本文へ

取り扱い超注意!クルマのバッテリーから直接電力をとるシガーソケット

2016年04月07日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 なんと車のバッテリーから直接電力をとることができるという、「バッテリークリップ付 シガーソケット (1.2m)」(型番:DN-13654)が上海問屋から発売。ドスパラ 秋葉原本店2階の上海問屋にて販売中だ。

カーバッテリーに接続し、大電流をシガーソケット対応機器に供給できるケーブル。取り扱いには要注意な、上級者向けアイテムだ

 ワニ口クリップでカーバッテリーに接続し、シガーソケット対応機器を使用するためのケーブル。本来はシガーソケット付きの洗浄機や電動ポンプなどを駆動させるための製品だが、モバイル機器向けに使用することもできる。

 ただしヒューズなど保護回路が内蔵されていないため、過電流などの障害には無力という、取り扱い注意なアイテム。ヒューズ搭載のソケット延長を併用するなど、対応できる上級者向けといえるだろう。ショップでも「製品の使用による機器の故障・不具合は保証対象外」と説明している。

最大10A(120W)出力が可能だが、保護回路は非搭載。同時にヒューズ搭載の延長ソケットなど、必要に応じて他のアイテムを合わせて使いたい

 12V車用の製品で、最大電流は10A(120W)、ケーブル長は約1.2m。クリップは赤がプラス用で黒がマイナス用。接続時には必ず「赤→黒」の順番で接続し、外す際には「黒→赤」の順に取り外す必要がある。もちろんプラスとマイナスを逆に接続してしまうと、機器が故障してしまう可能性があるので要注意だ。

 上海問屋にて648円(税抜)で販売中。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン