このページの本文へ

「ASUS VivoStick TS10」

スマホがマウスやキーボードになるASUSのスティックPC

2016年04月06日 13時10分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは4月6日、テレビなどのHDMI端子に挿して使えるスティックタイプのWindows PC「ASUS VivoStick TS10」を日本市場向けに発売と発表した。4月8日より販売を開始する予定。価格はオープン。

 主なスペックは、インテル Atom x5-Z8350 プロセッサー(1.44GHz)、2GBメモリー、32GB SSD(eMMC)。無線はIEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1に対応。OSはWindows 10 Home。

 Windowsでスマートフォンのような操作感を実現するというWindows用インターフェースソフトウェア「VivoRemote Center」をプリインストールしている。アプリケーションなどへのショートカットを画面上にタイル状に並べることができ、タイルをクリックするだけでアプリケーションなどを起動できるという。

インターフェースとしてHDMIポートのほかに、USB 2.0ポート、USB 3.0ポート、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボジャックをそなえる

 また、AndroidおよびiOSに対応する「VivoRemote」アプリケーションを使い、スマートフォンまたはタブレットをマウスやキーボードとして使用できる。接続は無線LANで行ない、マウス操作とキー入力のほか、動画再生時の再生開始や一時停止といった操作も可能。

 なお、Androidのキャスト機能およびiOSのAirPlay機能に対応する「HyStream」ソフトウェアを付属しており、スマートフォンやタブレットに保存してある動画や写真やゲームなどを大画面で楽しめるという。

 本体サイズはおよそ幅139mm×奥行き36mm×高さ16.5mm、重量はおよそ75g。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン