このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

カメラ好きオヤジ2名で語ってみた!

発売は2月26日、OLYMPUS PEN-Fを直前実機レビュー

2016年02月24日 13時00分更新

文● 岡田清孝 編集●ASCII.jp 写真●岡田清孝

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2月26日の発売直前、OLYMPUS PEN-F実機レビュー。「実際どうよ?」とアラフィフ世代の二人が、実機や実写サンプルを見ながら意見交換。

OLYMPUS PEN-F

 発表以来、特にアラフィフ世代のカメラ好きからの注目度がハンパないOLYMPUS PEN-F。2月26日の発売を目前にして、ズバリその世代の週刊アスキー編集長宮野(銀塩のオリンパス『ペンFT』所有)とカメラマン岡田(OM-D EM-1を愛用)の二人で、実機に触れながら存分に語り合った。

ボディーカラーはシルバーとブラックがラインナップ

オヤジ視点で、PEN-Fの魅力を語ってみよう!

宮野編集長(以下宮)「銀塩のオリンパス『ペンF』ユーザーのオレから見ると、そんなにデザインが似ているとは感じないだよな~」

カメラマン岡田(以下岡)「確かに。電源ダイヤルは初期のM型ラ〇カの巻戻クランクに似ているし、前面のクリエイティブダイヤルはバルナック型ラ〇カを彷彿とさせます」

「電源ダイヤルはつい引っ張り上げたくなるな。でもカッコイイから許す。ところでボディーカラーはブラックとシルバーならどっちが好みだ?」

「オレら世代のカメラオヤジなら、基本ブラック一択なはずですが、『PEN-F』に関してはシルバーもいいな~と」

「そうなんだよ。結局は悩んだ挙句にブラックを選ぶとは思うが、シャッターボタン回りの光沢感とかはシルバーのほうが高級に見えるんだよ」

「ダイヤル類のローレット加工もシルバーのほうが目立ってますしね。ちなみにこのギザギザのおかげで、ダイヤル類は滑りにくて使いやすかったです」

「ほんとだ、このカチッカチッっていう動作感がアナログ的で気持ちいいいぞ。単独の露出補正ダイヤルやシャッターボタンのレリーズ穴も懐かしくていいな、使うか使わないかはともかくとして」

「どうでもいいことなんですが、俺はホットシューのカバーは必ず外す主義なんですが、『PEN-F』は付けていたほうがカッコイイと思っちゃいました」

電源ボタンは適度なクリック感があって操作していて心地よい。
ダイヤル回りに仕上げはブラックとシルバーで好みが別れそう。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン