このページの本文へ

非デジオタ女子ナベコの「なんでも試してみる」 第17回

口の中から顔が!不気味だけどおもしろい

奇妙な無限ぐるぐる映像がつくれるアプリ「HyperDroste」にハマる!

2016年01月07日 09時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

不気味な顔面崩壊アニメーションをつくろう!

 顔面崩壊ぐるぐるをつくるには、まずアプリのトップ画面から、下のほうにあるライブラリーマークかカメラマークで、加工する写真を決定します。

 カメラマークでアプリから写真を撮ることもできますが、ライブラリーに残らず加工に失敗した時に手間なので、カメラアプリで写真を撮ってから使用するのがオススメです。

 あーん。こんな感じで大口を開けて写真を撮ります。詰め物があるのは気にしないでください。かつて甘いものを食べすぎた結果です。

 アプリ上で写真を選択するだけで!

 もうこんな感じにぐるぐる画像が動きます。これだけでも十分不気味!!

 ここからさらに加工を調整していきますよ。

 下部にある“Shape”を選択。

 そうすると、上部に“Circle”、“Rectangle”、“AlphaMask”と3つ項目が登場するので、“AlphaMask”を選択。顔の合成ですね。

 次に、下部にある“Edit Mask”を選択。

 こういった画面になります。

 ここで画面を触ると、線がかけるようになっているので、口の内部を塗りつぶしていきます。

 

 線の太さは下のSizeで調整できます。ちょっと難しいですが、唇のラインを残して内側だけをうまく塗りつぶすと良い感じになるようですよ。

 塗りつぶしたら“Done”を。

 すると……。

 きゃー! こんな感じで口の端がきれて、映像がぐるぐるするじゃないですか!

 気持ちわりー!!

 下部の小ウィンドウで中心部の位置を整え、Sparse・Denseで中心部の大きさを変更できるので、あれやこれやしてさらに調整をして、こんな感じに完成!

 どうでしょう!? 不気味な顔面崩壊ぐるぐる。

 がんばって大口を開けることと、背景にあまり余分なものを映り込ませないことがポイントだと思います。

 それにしても気持ち悪すぎて異性に見られるのが恥ずかしいくらい(笑)。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン