このページの本文へ

お値段10万円超だけど欲しい! Google純正の超高性能タブレット「Pixel C」

2015年12月25日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2560×1800ドットの高解像度ディスプレーを搭載する、Google純正の10.2型Androidタブレット「Pixel C」がアキバ店頭に入荷。Jan-gle秋葉原本店にて販売が始まっている。

Googleが初めてリリースした、完全オリジナルのAndroid 6.0タブレット「Pixel C」がアキバに入荷。タブレット最高峰のディスプレーを搭載、お値段は10万円超とかなりプレミアムな端末だ

 Pixel Cは、Chrome OS搭載ノートPC「Chromebook Pixel」に続くGoogle「Pixel」シリーズの最新タブレット。タブレットとしては、他社製造によらずGoogleが作り上げた初の端末で、最新OSのAndroid 6.0を搭載している。

 最大の特徴は、タブレット最高峰の高解像度を誇る2560×1800ドットの10.2型ディスプレー。マグネットで合体する専用のBluetoothキーボードも発売され、ノートPCのようなスタイルで使用することもできる。

パッケージだけでなく、本体のデザインもシンプルそのもの。インターフェースはUSB Type-Cやイヤホンジャックなどを備える

 高解像度ディスプレーのほか、プロセッサーはNVIDIA Tegra X1、メモリー3GBを実装。ストレージは32GBと64GBの2モデルをラインナップ。フロント200万画素/リア800万画素のカメラを備えるほか、ネットワークはBluetooth 4.1とIEEE 802.11acの無線LANをサポートする。

 Jan-gle秋葉原本店では、ストレージ32GBモデルが10万円(税抜)、ストレージ64GBモデルを12万円(税抜)で販売中。また、2タイプの専用キーボードも入荷、こちらは2万9800円(税抜)で販売されている。

店頭には専用キーボードも入荷。カバーにもなるトレイタイプと、折りたたみカバータイプの2モデル。マグネットで合体・くっ付けるだけでペアリングが完了、タブレットから給電を受けて動作する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン