このページの本文へ

聴覚障がい者と健聴者の円滑なコミュニケーションを支援

音声を文字に変換するコミュニケーション支援アプリ「こえ文字トーク」

2015年12月18日 15時52分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左より、ホーム画面、「グループでトーク」画面、「音量を増幅」画面

 ソフトバンクは12月18日、音声を文字に変換することで、聴覚障がい者と健聴者の円滑なコミュニケーションを支援するアプリ「こえ文字トーク」の提供を開始した。

 スマホに向かって発話した音声を文字変換して画面表示するほか、テキスト入力ではあらかじめ登録されているシーン別の定型文を用意するなど、意思を伝えやすい工夫がなされている。また、高齢などで聴覚が衰えた人のために、周囲の音を高音/中音/低音の3つの音域ごとに調整して増幅する機能も搭載する。

 聴覚障がい者と健聴者の「1対1でトーク」機能のほか、複数のスマホで会話内容を文字で共有する「グループでトーク」機能(最大8台)を備え、さまざまなシーンで利用できるようになっている。

 グループでトーク機能はiPhoneではBluetooth接続、AndroidではWi-Fi接続を用いるため通信料金の負担が少ない。AndroidおよびiOSに対応。利用は無料だが、音量増幅機能のみはAndroid 版では324円、iOS版は360円のアプリ内課金が必要。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン