このページの本文へ

いつでもどこでもレーザー描画、矢印などを描いて案内板扱いしたり使い方はアイデア次第

壁に天井に、自由自在な文字や図形をレーザー描画

2015年12月18日 08時15分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Projection Ball(プロトタイプ)

 クラウドファンディングkibidango(きびだんご)は12月16日より簡単に文字や図形を描画できるレーザープロジェクター「Projection Ball」の商品化プロジェクトを開始する。

 「Projection Ball」は、Crescentの渡邊権人氏が開発したもので、直径12cmの球体の内部にレーザーポインターとモーター、制御基板が収まっている。パソコンなどで作成した任意の文字や図形パターンを読み込ませ、レーザーの輝点を使って壁や天井に描画できるというもの。

テーブルトップのアクセサリにできるコンパクトサイズ

 屋外広告などで用いられる商業用のレーザー描画装置はサーボモーターやヘリカルミラーを用いて高速でレーザーの向きを変えるなど高度な制御を行ない、業務用ということもあって非常に高価な装置。Projection Ballではなるべくシンプルかつ安価に上がるように工夫されており、DCモーターを使ってレーザー光軸を動かし、それに同期してレーザーを点滅させるしくみ。

X軸とY軸それぞれにDCモーターがあり、高速で光軸を揺り動かす 

 USBからの給電で動作。SDカードスロットを装備しており、描画データはパソコンでExcelやテキストエディタを使って作成、4種類までSDカードに記録。基板上のスイッチで描画図形を選ぶことができる。本体はボール形状で、どのような向きにも描画させやすいようになっている。レーザーの光軸をわずかにずらすだけなので、広範囲な描画ができるわけではない。クラウドファンディング支援金額は2万8000円(送料込み)。

このような図形が描画できる(あらかじめ複数のサンプルデータが入っていてスイッチで描画できる) 

 ちょっとしたお遊びから教育ツール、コミュニケーションツールや案内板などへの利用のほか、将来的には内部I/Oを公開してSDカードの利用やRaspberry Piとの組み合わせなども可能という。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン