このページの本文へ

約6mmの超薄型スマホ「Galaxy A8 SCV32」、auから発売!

2015年12月08日 13時15分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、サムスン電子製のAndroidスマートフォン「Galaxy A8 SCV32」を12月18日に発売する。

 Galaxy A8の特徴はなんと厚さ約6.0mmの超薄型設計。また、5.7型フルHDの有機ELと比較的大型のディスプレーを搭載しながら、約2.5mmの狭額縁設計により、横幅約77mmとまずまず持ちやすいサイズなのも特徴的だ。

auから超薄型のGalaxy新モデル「Galaxy A8 SCV32」が発売

 そのほかのスペックは、オクタコアCPUのExynos 5433(1.9GHz+1.3GHz)、2GBメモリー、32GBストレージ(microSDXC対応)、1600万画素カメラ(イン500万画素)、3050mAhバッテリー、Android 5.1など。

 サムスン電子による発表会ではGalaxy A8に加えて、スマートウォッチ「Gear S2」「Gear S2 classic」、VRHMD「Gear VR」も発表されている。いずれも18日に発売。

 Gear S2/Gear S2 classicは円形ディスプレーとベゼルを回すことで操作ができる「サークルUX」が特徴。また、従来のGearシリーズはGalaxyシリーズのみの対応だったが、Gear S2はAndroid 4.4以上のスマートフォンで利用可能。家電量販店などのほか、ドコモとauの両キャリアショップでも販売される。

「Gear S2 classic」。円形のベゼルを回して操作できる

 Gear VRはスマートフォンをはめ込んで利用するゴーグル型のヘッドマウントディスプレー。これまでの2モデルは主に開発者向けに販売してきたが、第3世代目にして初めてコンシューマーにも展開する。今回のGear VRは「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」との組み合わせて利用する。

Galaxy S6を組み合わせて利用するVRHMD「Gear VR」

 発表会や端末の詳細については後ほど詳しくお届けする。

au「Galaxy A8 SCV32」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 5.7型有機EL
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約77×158×6.0mm
重量 約153g
CPU Exynos5433 1.9GHz+1.3GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC(最大128GB)
OS Android 5.1
最大通信速度 下り最大225Mbps
キャリアアグリゲーション
WiMAX 2+
VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング LTE/GSM/UMTS
カメラ画素数 リア:約1600万画素CMOS/イン:約500万画素
バッテリー容量 3050mAh
FeliCa
NFC
ワンセグ
フルセグ
防水/防塵 ×/×
連続待受時間(LTE) 約520時間
連続通話時間(LTE) 約1370分
カラバリ ホワイト、ゴールド、ブラック
発売時期 12月18日

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン