このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

超安Windows 10スマホ「KATANA 01」に触った、コレいいじゃないか!

2015年12月04日 10時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

FREETELブランドのWindows 10 mobileスマートフォン「KATANA 01」

 FREETELブランドのWindows 10 mobileスマートフォン「KATANA 01」が11月30日に発売された。税抜きで1万2800円と安価な価格で注目を集めているが、外観や使用感などはどうなのだろう? 写真を中心にチェックしていきたい。

前面。下部にスピーカーがある(表面に保護フィルムを貼付しています)

背面にWindowsロゴとFREETELロゴ

 外観は非常にシンプルで、まさに「普通のスマートフォン」という感じ。1万2800円という価格ながら、カメラ枠のメッキ処理や、バックパネルのラバー調コーティングなどにより、質感は悪くない。きしみやたわみもなく、価格を言われなければ、それほど安価なスマートフォンとは思わないはず。

右側面に電源キーとボリュームキーを搭載。電源がボリュームの下は案外珍しいかも

 右側面の電源キーとボリュームキーをのぞき、主なボタンは見当たらない。前面下部のスピーカーとWindowsロゴは目立つが、非常にすっきりとしたデザインだ。

下部に小さく通話用マイク

上部に3.5mmミニジャックとmicro-USB端子

デュアルSIMスロットを搭載

 バックパネルはツメでとまっていて、隙間に細いものを差し込むと簡単に取り外せる。

 内蔵メモリーは8GBと多くはないため、容量を増加させたい場合はmicroSDカードを利用することになる。microSDスロットはSIMスロットの右側に配置。カバーを閉じると見えなくなる仕様だ。32GBまで対応しているので、ある程度の容量も確保できる。

 本機の大きな特徴はデュアルSIMスロットを搭載していること。発表当初は片方が2G対応の海外用、もう片方が2/3/4G対応の国内用とアナウンスされていたが、同社ではこれを訂正。いずれもLTE通信に対応して、切り替えて利用できる。さまざまな使い方に対応できそうだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン