このページの本文へ

コラボレーション、インテリジェントツール、セキュリティの各機能を強化

「Office 365」大規模企業向けに新たな最上位プラン「E5」

2015年12月02日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは12月1日、300名以上の規模を対象とした法人向け「Office 365」において、新たな最上位プラン「Office 365 Enterprise E5」の提供を開始した。コラボレーション、インテリジェントツール、セキュリティの各機能を強化しており、ボリュームライセンスの参考価格は、1ユーザーあたり月額3590円(税抜)。

新しい「Office 365 Enterprise E5」で利用できる「Skype for Business Broadcast」では、最大1万人のライブ試聴をサポートした

 コラボレーション機能ではまず、12月1日から「Cloud PBX」の提供を開始し、ITと内線電話の管理をクラウド上で統合した。さらに、北米では公衆電話網(PSTN)通話も統合し「世界に先駆けて外線電話のクラウド化を実現」している(日本市場でも2016年以降の開始を予定)。

 また、Skype for Businessのオンライン会議機能が大幅に強化され、社長訓示や大規模な社員総会といった、参加者が数千を超える規模の通達型会議にも対応する。最大1万人(提供開始時点)のユーザーが、ブラウザやモバイルデバイスから会議参加できる。録画されたコンテンツのオンデマンド視聴も可能。

 新たに「Delve Analytics」も提供される。これは、組織内の効果的なコラボレーションを促すためのツールで、組織がどのような業務にどれくらい時間を費やしているか、どのような組織/人が連携しているのかを分析/可視化するもの(関連記事)。

 さらにデータ活用ツールとしては、「Power BI Pro」が提供される。

企業の活動そのものを分析、可視化する「Delve Analytics」
データ活用ツールとして「Power BI Pro」を提供

 さらに、「Advanced Threat Protection(ATP)」の導入により、セキュリティ対策も大きく強化するとしている。たとえば、ユーザーが受信したメールにマルウェア感染のおそれがある添付ファイルや攻撃者サイトのURLが含まれる場合、ユーザーの手元に届く前に検知し、対策を行う。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ