このページの本文へ

ARグラスをかけて運転するわけではないようだ

ボルボ、マイクロソフトと協力してHoloLensを活用した新販売手法を開発

2015年11月27日 18時36分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2016年1月の北米国際自動車ショーで発表予定の次期プレミアムセダンS90をバーチャルにプレビュー

 ボルボ・カーズは11月26日、マイクロソフトと共同でARグラス「HoloLens」を活用した新たなサービスを開発すると発表した。

 ボルボとマイクロソフトが共同開発によるもので、「顧客と自動車の関係を変える複合現実」によってクルマの選び方や買い方を一変させるようなビジョンだという。

 マイクロソフトのHoloLens発表会においてもプレゼンテーションが行なわれており、HoloLensを用いてARの3Dシミュレーターで商品デモンストレーションを行ない、ボディカラーや各種装備、サービスなどのオプションを自在にカスタマイズできるシステム。

 ボルボでは、HoloLensにおける協業をきっかけにマイクロソフトと長期的な協力関係を進め、自動運転をはじめとした新たな自動車づくりの現場においても新技術開発を進めるとしている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン