このページの本文へ

新色「コーラルレッド」「ピーコックブルー」を追加

Windows 10の着脱式2in1登場 Atom x5-Z8300搭載

2015年11月25日 14時18分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本エイサーは11月25日、Windows 10搭載の10.1型2in1ノート「Aspire Switch 10 E」シリーズを発表した。12月11日から販売を開始する。

 ディスプレーの向きを変えることで、4つのスタイル(ノート、タブレット、ディスプレーモード、テントモード)を利用できる2in1ノートだ。カラーは既存の「ムーンストーンホワイト」「シャークグレイ」に加え、新色の「コーラルレッド」「ピーコックブルー」を新たにラインアップする。

ディスプレーモードテントモード
コーラルレッドピーコックブルー
ムーンストーンホワイトシャークグレイ

 Windows 10 Home(64bit)を採用。スペックはAtom x5-Z8300(1.44GHz)、2GBメモリー、64GB eMMCという構成で、キーボードドックに500GB HDDを内蔵している。ディスプレーは10.1型(1280×800ドット)で、フロント/バックに200万画素のカメラを備える。インターフェースは、microUSB 2.0端子、microHDMI端子、microSDカードスロットなど。キーボードドックにUSB 3.0端子を備えている。

 バッテリー駆動時間はおよそ12時間。本体サイズはおよそ幅262×奥行180×高さ10.95mm、重量は630gだ(キーボードドック接続時は高さが25.75mm、重さがおよそ1280gとなる)。

 「Office Mobile プラス Office 365 サービス」が付属する。価格はオープンで、実売価格は7万円前後となる見込みだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン