このページの本文へ

Steamのわかりづらさを初心者向けにやさしくしたい

ドスパラとデジカ、PCゲームサイト「Gameliner」でライトなPCゲーマーを狙い撃ち

2015年11月20日 19時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラはデジカと共に日本のライトなPCゲームユーザーをターゲットにした、PCゲームダウンロード&Steamキー販売サイト「Gameliner」をオープンしました。

本日オープンしたPCゲームダウンロード&Stemキー販売サイト「Gameliner」。販売タイトルはダウンロードとSteamキーの形で配布。クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振込で購入可能。

 デジカは国内外のソフトウェアやゲームのeコマースやゲームパブリッシング、さらに決済システムのKomojuを提供している会社で、Steamウォレットコードの販売と日本円決済も行なっています。Steamへのパブリッシング事業を通しての経験から、英語が読めないユーザーへの配慮の不足やタイトルを検索しづらいといったSteamの課題があるとしています。Gamelinerはそういった問題を解消するために、ゲームタイトルを日本語で紹介することにこだわったPCゲームダウンロードサイトです。さらに、ドスパラと提携したことでいずれ(来年の早い段階と説明)はタイトルごとに快適にプレイするための推奨環境だけではなく、ドスパラのゲーミングPCブランド「GALLERIA」(ガレリア)を5段階のクラスに分けて、ドスパラのPC製品ページとGamelinerのゲームタイトルページに相互にリンクを貼るとのこと。

Gamelinerは海外のPCゲームでも日本語でゲーム内容を紹介するのがウリ。

 今までもゲームごとにその推奨動作環境を満たすいわゆる“推奨パソコン”の販売を行なっていたドスパラですが、デジカと組んでGamelinerで販促することにより、「ゲームはやりたいけどパソコンのことはよくわからない」、「新しいパソコン買ったけど、どのゲームができてどのゲームができないの?」、「Steamってところにいっぱいゲーム売ってるけど英語わからんからなんか怖くて買えない」といったライトな層に対して、積極的にアプローチしていくことになります。

 しかしながら、ウェブサイトがオープンした本日時点でGamelinerで紹介されているPCゲームはまだまだ少なめ。ドスパラによれば、現在Steamの取り扱いタイトルは6500を超えているそうですが、それに対してGamelinerでは50タイトル程度。今後の紹介ゲーム増加に期待したいです。

今後、無料ゲームや遊び方なども紹介していくとのこと。

 ちなみに、ドスパラはこの日秋葉原にゲーミングデバイス専門店舗「ドスパラ秋葉原別館」をオープン。11月20日~23日の4日間はオープニングセールで日替わり特価品が多数あるそうです。数量限定なので興味のある方はお早めに。なお、セール期間中は秋葉原の各所にいるキャンペーンガールさんから抽選券をもらえば、店舗で豪華景品が抽選で当たるそうです。

店長の上間クリスティアンさん。店舗所在地は〒101-0021 東京都千代田区外神田3-10-8 中澤ビル1階。年中無休。
Gameliner Gameliner
Gameliner Gameliner

■関連サイト
Gameliner
ドスパラ秋葉原別館

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ