このページの本文へ

大手出版社8レーベルが作品を提供

新感覚! LINE風の画面でライトノベルが読める「ストリエ」が正式オープン

2015年11月11日 19時59分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
トークアプリ風のフォーマットでストーリーを投稿・閲覧できるサービス「ストリエ」

 セガグループでコンシューマ事業を手がけるインデックスは11月11日、トークアプリ風のフォーマットでストーリーを投稿・閲覧できるサービス「ストリエ」の正式版をオープンした。

「ストリエ」ウェブサイト
コンテンツ作成ができるジェネレーター(PCのみ対応)

 2015年5月11日よりウェブ版のみベータ版サービスを提供してきたが、今回正式オープンとともにiOS、Android向けのアプリをリリースした。

 ストリエは、ストーリーとイラストを組み合わせた独自のフォーマットで物語を投稿・閲覧できる無料のサービス。テキストとイラスト、フキダシで構成され、キャラクターの会話をトークアプリのように表現するのが特徴だ。

 ストリエはウェブサイトとアプリから出版社のライトノベルやユーザーが投稿した作品を読めるほか、PCからストリエ形式の作品を作成できるジェネレーターを提供する。一般ユーザーは、自作の背景やキャラクターなどの素材を投稿できる上、投稿された素材を使ってストーリーを作成できる。

イラストやシナリオを投稿するクリエイターが気軽に参加できる
出版社6社と提携し8レーベルから45タイトルをストリエ形式でコンテンツ化し連載へ

 正式オープンにともない、出版社6社と提携し8レーベルから45タイトルをストリエ形式でコンテンツ化し、無料で提供を開始した。それぞれレーベルごとにチャンネルを解説し、日曜日から土曜日まで毎日連載する。

 コンテンツを提供する出版社と主なレーベル、作品は以下の通り。

・一迅社:一迅社文庫「俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件」他
・KADOKAWA:MF文庫J「ひきこもりパンデモニウム」他
・KADOKAWA:ファンタジア文庫「フルメタル・パニック!」他
・KADOKAWA:ドラゴンブック「グランクレスト・リプレイ かけだし君主の魔王修業」他
・講談社:講談社ラノベ文庫「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」他
・集英社:JUMP j BOOKS「怪談少女 ~てけてけ~他
・小学館:ルルル文庫「幽霊伯爵の花嫁」他
・宝島社:このライトノベルがすごい!文庫「魔法少女育成計画」他

 正式オープンにあたり、インデックス 代表取締役社長 濵田 康彦さんは、「このフォーマットをどんどん進化させていき、電子読み物分野のカテゴリで2020年までには国内ナンバーワンを目指す」とコメント。

 ストリエにコンテンツを提供した講談社ラノベ文庫 副編集長 難波江 宏隆さんは、「最初にお話を頂いたときは、はっきり言って商売敵だと思った。子どもたちがこうしたツールで文字に触れてくれるのは出版界にとってありがたい」と話した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ