このページの本文へ

個人番号の手入力によるミスを大幅削減

マイナンバー通知カードをスキャンしてOCRで自動入力

2015年11月04日 18時26分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マイナンバー通知カードをセットしてスキャン(左)、給与計算ソフトにおける入力補助画面(右

 エプソンは11月4日、マイナンバー制度への対応として、同社スキャナーに対応した給与計算システムに個人番号自動入力機能「個人番号一括収集システム」を追加した。

 「マイナンバー通知カード」の原本と、「給与計算システム」からの従業員・家族マスターデータの情報が記載された「仕切紙(読取りシート)」を重ねてスキャン。同社のスキャナーOCR技術によって読み取り、自動入力することで入力ミスなどを防ぐ。

作業フロー(同社給与計算ソフト「給与・法定調書顧問 R4」の場合) 

 同社のA4シートフィードスキャナー「DS-560」、モバイルスキャナー「DS-40」で動作し、同社の給与計算システム「平成27年度版 給与システム」と連動して利用。機能追加は無料。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン