このページの本文へ

Lian-Li「PC-X510WX」発

奥行きが短いフルアルミ仕様のタワー型高級ケースが受注販売開始

2015年09月26日 23時29分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Lian-Liから豊富なストレージデバイスが搭載可能なフルアルミ製PCケース「PC-X510WX」が登場。オリオスペックでは受注販売がスタートしている。納期は2日~3日。

豊富なストレージデバイスが搭載可能なフルアルミ製PCケース「PC-X510WX」。奥行きの短いサーバー向けケースとして運用できる

 「PC-X510WX」は、Lian-Liのフラッグシップモデル「PC-X シリーズ」最新モデル。上段にストレージ、中段にマザーボードや拡張カード、下段に電源というマルチヒートゾーンデザインを採用するのが特徴で、従来のX シリーズと違い新たに水冷対応となった点もポイント。

 また、サイドウィンドウパネルには強化ガラスを採用。マザーボードはSSI-CEB規格まで搭載できる。

内部は3エリアに分れるマルチヒートゾーンデザイン。サイドウィンドウパネルには強化ガラスを採用する
フロントには360mmまでの水冷用ラジエーターが搭載できる

 主なスペックは、3.5インチシャドウ×6、2.5インチシャドウ×6で5インチベイはなし。冷却ファンは、フロントに120mm×3、リアに120mm×2が標準搭載されるほか、トップには120mm×2もしくは240mmサイズの水冷用ラジエーターが追加搭載可能だ。

 そのほか、ビデオカード搭載スペースが最大330mm、電源ユニットが奥行き245mm、CPUクーラーは高さ180mmまで対応。拡張スロット数は8、I/OポートはUSB 3.0×4/オーディオ/マイクを備える。サイズは240(W)×436(D)×620(H)mmとなる。

 価格は6万2424円だ。

トップおよびリアの様子。インシュレーターは新デザインとなっていた

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中